2019年3月30日春の船釣りシーズン開幕です。AM4:50、まだ夜明け前の真っ暗な中、メバル、アラカブ狙いにて、
OB4名(牧野、嶋、法常、千住)、OB外2名の計6名で安岐港を出港しました。
この時期には珍しいという凪ぎの中、天気も良く、大いに釣果が期待されたものの、本命のメバルは全員で3匹と不調。
釣果の大半はアラカブだったものの、嬉しい外道としてはヤズやコチ、真鯛などがチラホラと言う結果でした。
次回4月27日(土)の釣行に期待したいと思います。
 
 2018年12月1日秋の船釣り3回目です。この時期にしては暖かい朝、AM6:30 カワハギ、アコウ、三番叟狙いにて、
OB3名(牧野、法常、千住)、OB外2名の計5名で安岐港を出港しました。釣り場に向かう途中、大分空港海上に
設置されてる誘導灯も、今年沖合にさらに延長され、その雄姿を見せてくれています。
今回も天気には恵まれたものの、期待の石鯛はまだ小ぶり、カワハギも数がイマイチでしたが、嬉しいゲストには
メバルの姿も!
次回、12月29日(土)の今シーズン最後の釣行に期待したいと思います。
 
  2018年11月18日秋の船釣り2回目です。AM6:30 カワハギ、アコウ、三番叟狙いにて、OB3名(牧野、草地、千住)、
OB外2名の計5名で安岐港を出港しました。
今回も天気には恵まれたものの、船長いわく潮が流れなさすぎるとの事で、期待の石鯛、アコウは今一つの結果、
またカワハギもメンバー間のバラツキが多く、中々苦戦された方もいたようです。
次回、12月1日(土)の釣行に期待したいと思います。
 
     
2018年11月4日秋の船釣りシーズン開幕です。AM6:20 カワハギ、三番叟狙いにて、OB4名(牧野、嶋、法常、千住)、
OB外1名の計5名で安岐港を出港しました。
今回は参加者は少なかったものの、天気も良く、日中は海の上でも暖かな釣り日和となりました。
期待のカワハギは各自、3、4匹程度、石鯛は全く釣れなかったものの、アコウが型も数も良く釣れていました。
ありがたい外道としては牧野さんが釣り上げたスズキや私の釣ったメバルなど。法常さんは大物を2度掛けるも、
残念ながらのハリス切れで姿を見ず悔しい思いをされたようです。
次回は11月18日(日)の釣行予定となります。
 
     
     
 2018年4月26日6:00〜9:00まで臼野港にて今シーズン3度目のサヨリ釣り。
今年は時期が遅れており、前回、前々回は散発的でしたが、今回は入れ食いにて
28匹の釣果。刺身、一夜干し、南蛮付けで頂きます。
 2017年12月29日秋の船釣り最終回(4回目)。AM7:10 石鯛、カワハギ、アコウ狙いにて、OB5名(牧野、嶋、
法常、草地、千住)、OB外1名の計6名で安岐港を出港しました。
今回は天気は曇り、寒風吹きすさび、厳しい釣りが予想されていた通り、釣果もイマイチの結果となりました。
石鯛は各人、1、2匹程度、カワハギも丸ハギは無く、ウマづらがメインの結果。その中でも石鯛の40pクラスを
釣り上げた牧野さんや、大型あらかぶを釣り上げた草地さんには良い釣り日和になった様です。
次回は4月。春シーズンの開幕までしばらくお休みです。
 
2017年12月10日秋の船釣り3回目。AM6:40 カワハギ、石鯛、アコウ狙いにて、OB3名(嶋、法常、千住)、
OB外3名の計6名で、安岐港を出港しました。今回は昼から雨が予想され、早めに獲物を確保しようと船長以下
気が逸る中、早速釣り開始。
今日も潮の流れが安定しないと船長がぼやく中、根がかりも多発、上がるまでに仕掛けが7ヶ無くなる人も出る始末。
嬉しい外道のヒラメを釣り上げた人もいたものの、雨模様による早仕舞いのこともあり、全体的に釣果はイマイチでした。
港に帰り全員の釣果を再確認し合いながらリベンジを誓いました。
次回は12月29日、秋シーズン最後の釣行予定です。
 
2017年11月25日秋の船釣り2回目。AM6:35 カワハギ、石鯛、アコウ狙いにて、OB4名(牧野、法常、草地、千住)、
OB外1名の計5名で、前日の風の影響が少し残る中、安岐港を出港しました。今回も仕掛けは前回同様の
市販のカワハギ3段針、餌は活きエビ、重りは40号で釣り開始。
今回は小潮にも拘わらず、潮の流れが速いと船長がぼやく中、根がかりも多く苦戦する釣りとなりました。
狙いの石鯛は中々ヒットしなかったものの、今回、珍しいゲストとして50cmクラスのヤズが連発、強い引きに
皆さん満足の様子。そんな中、竿頭は法常さん。他人が中々大物が釣れない中、推定2kgのアコウ、40cmクラス
の石鯛やチヌなど大物を連発。港に帰り法常さんの釣果を再確認し合いながら、次回のリベンジを誓いました。
次回は12月10日、秋3回目の釣行予定です。
 
2017年11月12日秋の船釣りシーズン開幕。AM6:30 カワハギ、石鯛狙いにて、OB4名(牧野、法常、嶋、千住)、
OB外2名の計6名で安岐港を出港しました。前日の強風の影響で多少、波は残るものの天気は快晴と絶好の
釣り日和となりました。餌は活きエビ、仕掛けは市販のカワハギ3段針、重り40号で釣り開始。
13:30までの間に、全員が10〜20匹の釣果に恵まれましたが、元々狙いの石鯛は各自1匹程度、カワハギも
数匹と多少期待外れ。ただ今までほとんど釣れたことのなかったアコウがカワハギ以上に釣れた人もおり、
温暖化の影響か?などと噂しあったり、楽しい釣行となりました。
次回は11月25日再釣行予定です。
 
 2017年5月27日AM4:30 ヒラメ狙いにて、OB5名(牧野、草地、法常、嶋、千住)で安岐港を出港。
まずは餌のアジ子の調達ですが、近場では釣れないということで片道50分かけて大分港まで遠征。
早々に餌を確保し本来の釣り場の国東沖まで、また50分かけてUターン。気が焦る中、太陽もすっかり上がり、快晴
また波も殆ど無い釣り日和の中、早速竿出し。
14:00までの間に、今回はヒラメの大型(75cm)やマゴチ65cmクラスが複数枚上がるほどの釣果に恵まれました。
竿頭はヒラメを6枚も釣り上げた法常さん、後のメンバーもヒラメやマゴチを複数枚上げるほどの成果、そんな中
私(千住)だけが坊主と残念な結果に終わりました。ただ最後には皆さんからヒラメとマゴチを各1匹プレゼントされ
美味しくいただくことが出来ました。次回は6月11日のヒラメ釣り再釣行となります。
 
 2017年5月19日AM6:00〜9:30まで、臼野港でサヨリ釣り。シーズン終盤ということもあり、釣り人もパラパラの状況で
思う存分釣りを堪能しました。途中ボラやカタクチイワシの回遊に合い、苦戦。一度は大きなチヌが針掛かりするも
0.8号のハリスではあえなく糸切れ。結局小ぶり(葉巻サイズ)なサヨリが12、サンマクラスが1匹、コノシロ3匹と
言う結果、また来シーズンに期待し納竿としました。
     
 2016年12月24日AM7:00 石鯛、カワハギ、他狙いにて、OB5名(牧野、草地、法常、嶋、千住)+他3名の計8名で
今年最後の釣行にて安岐港を出港。昨日までの強風に心配するも、当日は風も納まり良い釣り日和となりました。
石鯛は最高40cm弱、また期待の丸ハギは型も小さかったものの、代わりに馬づらハギの型の良いのが各自
数匹釣れていました。帰宅後馬づらハギも刺身で頂きましたが、最高に美味!と家族の評価。
やはり釣れたての魚は美味しいと改めて実感した釣行でした。次年度は来年4月からの再釣行となります。
 
 2016年12月6日AM7:00 カワハギ、石鯛、他狙いにて、OB4名(牧野、草地、法常、千住)+他2名の計6名で
波、風の不安を多少抱えながら安岐港を出港。
当初、北西の風だったものが北風に代わると、次第に波も高くなり、約2時間という短時間で今回の釣りは終了。
期待のカワハギは殆ど釣れず、そこそこ型の良い石鯛が数匹という結果でした。
次回は12月24日(土)、今年最後の釣行となります。
 
 2016年11月26日AM6:30 カワハギ、石鯛、他狙いにて、OB4名(牧野、草地、嶋、千住)+他3名の計7名で
安岐港を出港。船長から事前情報として「昨日はカワハギがまあまあ釣れた」との事で全員の期待が膨らむ。
また前回は坂ノ市沖まで船を走らせたため移動に時間もかかりましたが、今回は国東沖の近場での釣りということで
移動は楽チンでした。
が、期待のカワハギは数、型ともにイマイチの結果。代わりに石鯛は三番叟にしては型が良く、40cmクラスが混じり
満足いく結果となりました。
外道としてはアラカブやフグが多数。14時前には納竿となり帰路につきました。次回は12月6日(火)の釣行となります。
     
     
     
 2016年4月30日 朝5時安岐港出港。参加者は総勢5名(OBは草地+他3名)今回は港を出てすぐ釣り始め、
良型のメバルがポツポツ。しばらくして、また国東沖に移動するも、メバルは食いが落ち、アラカブは型が良くなった。
前回より今回の方が数は出なかったものの、同伴者の1人が、黒ソイの40cmオーバー、 アイナメ等々を釣りあげ
気勢をあげていました。
   
  2016年4月21日AM8:00〜11:30まで臼野港に釣行。波も穏やかで20名前後の釣り人がサヨリ、コノシロ狙いにて
既に竿を出す中、私もサヨリ狙いにて早々に第一投を投入。約3.5hで21匹の釣果となりましたが、型も結構よく、
刺身と一夜干しにて今夜おいしく頂くことが出来そうです。
隣のコノシロ狙いの人は一度に複数匹と爆釣モード、クーラ満タンで意気揚々と引き上げていきました。
     
 2016年4月2日AM5:30とまだ暗く波しぶきで夜光虫が光る中、メバル、アラカブ狙いにて、OB3名(法常、嶋、千住)+
他2名で安岐港を出港。船長からいつもの釣り場はタテ網が入って釣りにならないため少し遠くの釣り場に行くとの
話に多少不安がよぎる。
えさは冷凍のイカナゴ、胴付き仕掛けで釣行開始。根がかりに各自苦戦するも釣れるのはアラカブばかり。
午後1時過ぎまで粘るものの、他魚種は嶋さんが釣り上げたクロベエ1匹のみ。目当てのメバルは全員坊主、
各自アラカブ30匹前後と多少物足りない釣果となりました。次回は今月末30日の釣行予定です。
     
 
2015年12月29日AM7:00 石鯛(三番叟)、カワハギ狙いにて、OB5名(牧野、草地、法常、嶋、千住)+他3名で
安岐港を出港。出港前船長から今日のメインの狙いである石鯛用の仕掛けを、其々に手作りしてもらい期待は
高まるものの、生餌のエビも少なく、不安がよぎる出港となりました。
午後2時まで粘るものの釣果は石鯛(三番叟)と馬ずらカワハギがメイン。数量は物足りない結果となりました。
右下の写真では、最大石鯛35cm、馬ずら40cmでした。
次回は未定ながら春先のメバル釣り釣行になりそうです。
   
   
2015年11月23日AM6:00 カワハギ、石鯛、他狙いにて、OB5名(牧野、草地、法常、嶋、千住)+他3名で安岐港を
出港しました。出港前船長からはカワハギはあまり釣れていない、釣るなら佐賀関沖までの移動が必要との話が
あり、出鼻をくじかれる!結局移動が大変なのでいつもの場所付近で石鯛、アラカブ狙いにて釣り開始。
船長の話通りカワハギは船全体で数匹、石鯛(三番叟)の釣果もいまいちという結果でした。海水温がまだまだ高い
のが影響している様子。そんな中アラカブは刺身サイズがそこそこ釣れ一安心。珍しい所では草地さんにアコウが
来て本人にんまり。次回は年末12月29日、正月の刺身を期待しての釣行になります。
 
2015年10月24日AM6:00 カワハギ、石鯛、他狙いにて、OB4名(牧野、草地、法常、千住)+他1名で安岐港を
出港しました。
今シーズンの秋釣り初日となり、皆さんの期待は膨らむものの、カワハギの釣果はイマイチ(各自数匹程度)。他の獲物としては馬づらハギ、アラカブあたりがぼちぼち。
そんな中、石鯛についてはまあまあのサイズで、最大40cmと、この時期にしては大物が来て、船上は大賑わいと
なりました。
次回は11月8日、カワハギの入れ食いを期待しての釣行になります。
 
 2015年5月8日AM8:00より臼野港にてサヨリ狙いにて釣り。天気は良好、波は全くなし。
満潮までには時間があるものの、着いた途端、方々でサヨリの当たりが!
早速私も竿を出し入れ食いモードに突入。約2hで26匹の釣果となりました。刺身と一夜干しにて
今夜おいしく頂きます。(千住)

 
 2014年12月29日AM6:30 石鯛、他狙いにて、OB3名(牧野、草地、千住)+他2名で安岐港出港しました。
前回は天候不良のため、今回は12月初(今年最後)の釣行、結果は狙い通りの石鯛の子(三番叟)MAX30cm
を中心に、真鯛、メバルなどが1人平均20匹前後と、まあまあの釣果となりました。
次回は3月頃、メバル狙いの釣行になりそうです。
   
 
2014年11月15日AM6:00 カワハギ狙いにて、OB5名
(牧野、法常、嶋、草地、千住)+他3名で安岐港出港。
前回天候不良のため、今回は秋シーズン2回目の釣行
で期待も高かったのですが、出船前、船長より、あまり
釣れていないとの情報にはがっかり。
結果も本命のカワハギは不調となりましたが、さんばそう
やメバルの大物があがり、一安心。
 次回12月3日に期待し、帰路につきました(千住)
 2014年10月19日AM6:00 カワハギ狙いにて、OB4名
(牧野、 法常、嶋、千住)+他2名で安岐港出港。
 今回は秋シーズンの開幕であり、カワハギ以外に何が
 釣れるか、全員が期待に胸を膨らませ釣りを開始。
 結果はカワハギ(丸、馬づら)に赤カブを中心に、フグ、
 エソなどなど。
 大物賞は30cmクラスの丸ハゲを釣り上げた牧野さん。
 夕食には刺身、煮つけは勿論のこと、余った餌のエビ
 も持ち帰り、かき揚げにして美味しく頂きました。
 次回11月1日が楽しみです(千住)

 
 2014年9月30日AM 6:30〜11:30まで、あじ狙いにて
 別府観光港にて波止釣り。

 天気は薄曇り、周囲にはイカを餌木で狙う若者多数。
 潮が殆ど流れなかったため?あじはゼロ。
 但し刺身サイズのカワハギやクロが釣れまあ満足。
 
 夕食にカワハギの肝和えやリュウキュウを作り、
 おいしく頂きました(千住)
 
   
2014年6月30日AM6:00より香ケ地新波止にて、
投げ釣りにて、キス狙い。
天気、潮は良好なれど、あたりは散発的。

9:00以降はほとんどあたりも無くなり、結局釣果は
20pクラスが7匹、それ以下が5匹。
朝まずめに集中する必要ありのようです(千住)
 2014年6月15日AM5:00 ヒラメ狙いにて、OB4名(草地、法常、嶋、千住)+他1名で安岐港出港。
 恒例により大分空港横にて餌のアジゴ釣り開始。他遊漁船も同様にアジゴ釣り真っ最中。
 AM6:00頃、ヒラメポイントへ移動。
 今回はそこそこ当たりはあるものの、中々、ヒラメを上げられず皆イライラが募る。
 そんな中、まずはOB以外の方にあたりが!すわヒラメかと思いきや外道の大きな「エソ」。
 残念と思っている間に、また同じ人にあたりが!慎重に釣り上げた結果、今度は本物のヒラメが
 やっと上がり、次は自分の番と船長以下、皆一安心。
 その後、千住、嶋さん、草地さんの順で各1匹上げるも、その後中々続かず。
 結局実質8時間、5名で4匹と低調な結果(ただしサイズは65cmクラスばかり)となりました。
 帰港後は残念ながら釣れなかった法常さんには船長から、真鯛のお土産をプレゼントされ、
 次回を期待し、帰路につきました(千住)
 
  2014年5月31日AM5:00 ヒラメ狙いにて、OB4名(牧野、草地、法常、千住)+2名で安岐港出港。
 まずは近場(大分空港横)にて餌のゼンゴ釣り開始。少しエサには大きいかなと心配になるサイズでしたが、
 その後ヒラメポイントへ移動。
 まずは大きなマゴチが千住の竿へ、しかし、その後が中々続かず、色々ポイントを移動。
 そんな中、牧野さんが、本命のヒラメ(60p)を慎重なやり取りの末ゲット。
 結局ヒラメはこれ以外にOB以外の2名に2枚、計3枚と物足りない結果となりました。
 ただ帰港後、船長からお土産に大型ホウボウが3〜5匹/1人にプレゼントされたので、皆、気を良くして
 帰路につきました(千住)



  2014年5月27日AM6:00より臼野港にてサヨリ狙いにて釣り開始。天気、潮は良好。
 何度もあたりはあるものの中々サヨリは針掛かりせず、釣れるのはコノシロばかり。
 おまけはメイタが1匹。10:00納竿としました(千住)
  このホームページは松九会大分地区HP委員会が運営しています。
  ご意見や問い合わせは幹事・広報・各世話役迄お願いします。
   ▼幹事:日浦勝彦 ▼地区委員:長谷川弘、大久保洋 ▼広報:大神弘道、千住良孝
大分地区活動問い合わせ(幹事宛て) HP問い合わせ、情報・写真提供(広報宛て)